AR1000L健診データ収集システム けんしんくんL

AR1000Lトップ画像

システム構成

システム構成図

システム構成図

けんしんくんコントローラ

各検査担当に配置されているけんしんくんL端末を統括し、データ送受信を行います。
健康管理システムと連携し、受診者様の属性情報、予約情報、前回の検査値等を取得。
これらの情報を各けんしんくんL端末に送信すると共に、けんしんくんL端末から 送信されてくる新たな検査結果値を取得し、リアルタイムに健康管理システムに転送します。
けんしんくんコントローラは各検査担当に配置されているけんしんくんL端末によって 各検査担当の進捗状況を一覧表示することが可能です。

けんしんくんL端末

けんしんくんコントローラの管理下で、健診業務におけるフロントオフィス端末として健診業務を様々な側面から支援します。
けんしんくんL端末は、各検査機器と接続することで検査結果データを収集することに特化した端末です。
収集した測定データはコントローラへ送信され、検査結果はデータベースに登録されます。

ID入力装置

健診を行う際に、IDの入力を行います。

けんしんくんLの特徴

  1. 小型・軽量端末!
    スペースをとらない小型端末のため、設置場所に困りません。

  2. コストを抑えたシステム導入が可能!
    データ収集のみに特化した端末ですので、コストを抑えたシステム導入が可能です。

  3. 多彩な入力方式!
    けんしんくん同様IDの入力はバーコードやRF-IDカード、磁気カードなど入力方式が多彩です。

  4. けんしんくんと混在が可能!
    けんしんくんと混在でシステムを構築できます。結果を見たい箇所はけんしんくん
    通過管理のみを行うところはけんしんくんLなどの構成にすることで、費用を抑えた
    導入が可能です。